機能特長
甘撚りコンパクトスピン糸

インナーウェアに
「肌」ストレスを感じていませんか?

インナーウェアに「肌」ストレスを感じていませんか? 一日中「肌」に触れているインナーウェア。その選択を誤ると一日のお仕事のパフォーマンス低下を招くかもしれませんよ。ちょっと大げさな話ですが、身体のどこかに「チクチク」とした刺激を感じたら、その「チクチク」を擦ってみたり、場合によっては掻いてみたり・・・多くの人はそのチクチクを放って置けないですよね。もし、それが長時間続くとしたら、なんだかイライラした気分になることは想像できますよね。 ここで、ちょっと注目したいのは、その「チクチク」の度合です。「チクチク」が強ければ、「これは着ないでおこう」と、判断できるのですが、厄介なのは「微妙なチクチク」だとおもうのです。肌はいわば体中に張り巡らされたセンサーみたいものですごく敏感ですから、肌あたりに「感じない程度の微妙な硬さ」があったり、はたまた生地表面が毛羽立っていて「感じない程度だけれども微妙なチクチク感」があったりたりすると、肌は一日中微妙な刺激を感じ続けています。これって、まさにストレスだと思うのです。
肌ストレスが、知らず知らずのうちに、集中力を奪っていたとすれば、お仕事のパフォーマンスにも影響が出てしまうかもしれませんよね。
だから、YGは肌あたりがとてもやさしく、やわらかな風合いにこだわっています。
YGは、やわらかいインナーウェアを着ると、一日を心地よく過ごすことができると考えています。

コラム 唾液でわかるストレス度

唾液アミラーゼの分泌量を測定してストレスを数値化するという試みがあります。

ストレスが増えると、体内の自己防衛反応として唾液アミラーゼの活性が高まるというしくみを利用してストレスを測ります。

リトマス試験紙のようなものを30秒ほど口に入れて、測ると数値が表れる。その数値は下記の通りストレスの状態を示す 。

  • 0~30KU/L・・・・ストレスがないよ
  • 31~45KU/L・・・ややあるよ
  • 46~60KU/L・・・あるよ
  • 61~KU/L・・・・・だいぶあるよ

極上のやわらかさ、その秘密は糸にある。
甘撚りコンパクトスピン糸

「甘撚りコンパクトスピン」という特殊な紡績方法の採用で、毛羽が少なく柔軟な糸をつくることが出来るようになりました。これによって「YG」は、肌あたりがとてもやさしく、やわらかな風合いを実現できたのです。

「甘撚りコンパクトスピン糸」を採用している商品

記事一覧