機能特長
抗菌防臭加工

いやなニオイを低減。

生地に抗菌防臭加工を施し、繊維上での細菌の増殖を抑えることで、
ニオイの発生を抑制します。

消臭加工・抗菌防臭加工 汗のニオイに対策しましょう。 人は年中汗をかきます。汗を上手に処理してくれるインナーはうれしいですよね。しかし、汗がもたらすのは体が感じる不快感と、“ニオイ”の問題です。
汗をかいたあと職場や取引先で“ニオイ”を気にしないために、しっかりニオイ対策をしておきたいですね。
そもそも汗をかくと、なぜニオイがするのでしょうか?
じつは、汗そのものは無臭でその成分の99%は水分なのだとか。なのになぜニオイがするのか?それは水分や皮脂を栄養として、皮膚に生息している雑菌が増殖するのです。ニオイの発生源は、この“雑菌”なのです。
汗とともにインナーに吸い取られた“雑菌”は、インナーの繊維の中で増殖します。ですから、インナーで対策すれば、汗のニオイとはお別れできるのです。

対策その1汗をかいたら、インナーを着替える新習慣。

汗をかいたあとは、インナーをこまめに着替えちゃいましょう。ニオイの元になる汗や皮脂を吸い込んだインナーを着替えてしまえば、ニオイも気にならず、衣服内が快適な環境に回復します。外出時にはインナーを一枚、鞄に入れておくと安心ですよ。

対策その2抗菌防臭加工インナーを選びましょう。

“抗菌防臭加工”が施された生地は、不快臭を減少させ、雑菌の増殖を抑制することができます。“抗菌防臭加工”のインナーウェアを着るだけで、「汗のニオイ」を予防することができます。

抗菌防臭効果って測定できるの? 抗菌防臭効果って測定できるの? 抗菌防臭効果は、皮膚常在菌の代表と言われる“黄色ブドウ球菌”を利用して測定します。
※黄色ブドウ球菌(おうしょくブドウきゅうきん)食中毒などを引き起こす細菌の一つで、自然界に広く分布しており、動物の皮膚、健康な人の鼻の中、のどの中、皮膚、髪の毛、ほこりの中などにも存在しています。
「未加工」の布と「抗菌加工済」の布の18時間培養後の生菌数を求め対数値=差静菌活性値で表わします。
「未加工」の布と「加工済」の布の、静菌活性値の差が2.0以上あればその効果が有効とされています。

出典:アルテモンド「抗菌防臭加工とは」
http://www.artemondo.co.jp/mame/knowledge/koukin.htm

「抗菌防臭加工」を採用している商品

記事一覧