切りっぱなしなのに、ほつれにくい!
洗濯耐久実験が証明!
50回洗っても、“ほつれない”カットオフ®!

スマートな着心地。スマートな着こなし。

襟・袖・裾の生地端の仕上げがないカットオフ(切りっぱなし)仕様は、うれしい副産物を生み出しました。パーツが減ることによる軽量化と、そして生地端の仕上げがなくなることで、インナーがワイシャツのシルエットを邪魔しなくなりました。さらに肌に近い色目の“カットオフ®”であれば、インナーの存在を限りなく感じさせることがない。スマートな着心地とスマートな着こなしが両立できたのです。

ほつれの心配はご無用!

なんだか良いこと尽くめのカットオフ®なのですが、唯一の弱点は「ほつれるんじゃないの?」というお客さまの不安です。コットンでも「ほつれにくい」YG “カットオフ®”には秘密があるのです。

YG “カットオフ®”の“ほつれにくさ”の秘密を探る実験をみてみましょう。
YG “カットオフ®”をハサミで切ります。すると、驚いたことにどこからどう切っても(肩周りの縫い合わせ以外)、切り口がほつれにくいのです。
これが、YG “カットオフ®”の「ほつれにくさ」秘密―グンゼYGの独自技術(特許製法)の証―なのです。
YG “カットオフ®”は、生地そのものが「ほつれにくい」から、襟・袖・裾の生地端の縫い目を無くすことができたのです。

「ほつれにくい」YG “カットオフ®”。この特長は、洗濯機で洗濯しても変わりがありません。
グンゼで行った洗濯耐久実験の結果をご覧ください。

(50回の洗濯というのは、週に一回着用した場合ほぼ一年間使用したものと同程度のダメージを生地に与える実験です。)

洗濯と乾燥を繰り返すこと50回。洗濯回数を重ねて行っても、生地端がほとんど“ほつれていない”ことが確認できますね。
グンゼで行った洗濯耐久実験の結果をご覧ください。
もうすでにYG“カットオフ®”を愛用しているユーザーのみなさんはご存知だと思うのですが、切りっぱなしが繊細な印象のYG“カットオフ®”ですが、十分な耐久性を備えているのです。
もう、ほつれを気にせずYG“カットオフ®”の“すっきりした着心地”を存分に楽しんでくださいね。

実験動画 着心地実験室「洗濯耐久性」篇

「洗濯耐久性」を採用している商品

記事一覧