機能特長
耐久柔軟仕上げ

コットンならではの風合いが長持ち。
耐久柔軟仕上げ

やわらかさ比較(剛軟度) 優しくやわらかな風合いで多くの人を魅了するコットンは、YGが考えるインナーのベストな素材です。
コットンは乾いているときよりも、濡れたときの方が強くなる性質があるので、洗濯に対しても丈夫なのですが、唯一デメリットだったのは一度洗ってしまうとゴワつきが出ることでした。しかし、コットンのプロフェッショナルYGは、コットンの柔らかさを長持ちさせる独自の技術によって、この問題を解決しました。
コットンならではの風合いを長く楽しんでもらえることも、YGの特徴なのです。

コラムコットンの風合いをキープするコツ

洗濯は、なるべくお早めに。

一日着たインナーは、一見すると汚れていないようでも、汗や皮脂をしっかり吸っています。
汚れは長く置けば置くほど落ちにくくなります。脱いだらなるべく早く洗濯されることをおすすめします。

形を整えて干しましょう。

最初は生地が伸びにくいタテ方向に、次は伸びやすいヨコ方向の順に、ていねいに伸ばしながらカタチを整えて干してくださいね。そうすることで、シワや型くずれを防ぐことができますよ。

コットンに休日を。

一度着たインナーは、糸の能力を十分に回復させるために、何日か休ませてあげましょう。
お気に入りの肌着は、毎日着るよりも、何枚かそろえてローテーションさせた方が、長持ちします。

買い替えどきのサイン。

インナーには寿命があるのです。その目安は生地がやせて薄くなってきたときです。
「でも、まだ破れてないのにな・・・」なんて、感じることもあるかもしれませんが、着心地や吸湿性が低下してきているので、本来の能力が損なわれています。生地が痩せたなって感じたら、思いきって新しいものと取り替えましょう。

「耐久柔軟仕上げ」を採用している商品

記事一覧