ONLINE STORE

研究者
肌着白書・夏 by YG爽研 研究者
~『YG世論調査』から見えた 当世インナー事情分析~

YG TIMES編集部では、過去に実施した『YG世論調査』の結果を考察・分析を行うことで、いまどきのインナー事情を知るべく『YG爽研(YG爽快肌着研究所)』設立。 消費者の皆さまに「着心地の良い肌着」について考える機会をご提供することを目的に、 本邦発?インナーのホワイトペーパー『肌着白書』 としてまとめ上げました。 今回は「夏を快適に過ごすためのインナー」に関して、どのようなご意見をお持ちの方が多いのか、ご一緒に見て参りましょう!

暑い夏、インナーどうする!? 暑い夏、インナーどうする!?

夏はインナーにとっても過酷な季節。汗でびっしょり、
気持ち悪〜いままでは、仕事の能率も上がらない。
みなさんが、夏の肌着選びはどうしているかを調査してみました。

涼しさを売り物にする肌着は、もはや市場に定着!

グラフ
Q1

夏場は、暑さや汗に対策したインナーを着ている?

回答
回答

最近、特に夏が暑っい!そのためか、肌着で暑さ対策をしたいと思う方が増えているのでしょうね、84% 以上ですもの。
また、そのような市場の声(要するにみなさんのご意見)に応え、優れた通気性やひんやりした感触を与える素材を採用したインナーが、この数年の間に夏用の肌着として主流になっていることは、みなさんもよくご存知でしょう。
そういう意味では、「夏は涼しく快適に過ごせる肌着を選ぶべき」という考え方が、今どきの常識になっている、と言って間違いはないでしょう。

自由に、肌着を着替えられる風土になって欲しい…

グラフ
Q2

夏場は、汗をかくとインナーを着替える?

回答
回答

Q2の結果を見ると、このYG Timesに集うみなさんの意識の高さに感動します!
素材がよくて速乾性が高く、着心地のいい肌着でも、着続けていたら洗濯したての肌着には敵いませんよね?そんなことを、みなさんよくご存知です!
そうです。猛暑の日はYG CUT OFF®のCOOLタイプなど夏用肌着を常に複数持ち歩き、都度、着替えるのをおすすめします!
とはいえ、多くの方から「どこで着替えるの?」という声が聞こえてきそうですが、男性の場合なら、会社や駅のトイレを利用すれば良し。快適性を保つためなら、ちょっとくらいの努力は必要です。
今年の夏も暑くなりそうです。ぜひ、複数の肌着を携行し、軽快に乗り切るようにしましょう!

暑い夏。インナーどうする!? まとめ

今年の夏のインナー対策は、
夏用肌着を持ち歩き、汗をかいたら、即着替える…これが一番!

おすすめの一着

YG CUTOFF®
COOL YV1912

ご購入はこちら
ご購入はこちら

成功の陰に肌着アリ!? 成功の陰に肌着アリ!?

「ふんどしを締めてかかる!」〜決意新たにことにあたる際に使われる言葉。
男の肌着というものは、こんなにも重要なのに、購入は奥さんや母親任せ
という方も多いのでは?でも、果たしてそれで、勝負に勝てるの!?

肌着がパフォーマンスに影響を及ぼすのは、もはや常識!?

グラフ
Q3

着心地のいい肌着は、男のパフォーマンスを上げる

回答
回答

ご覧のように、「当然!」とお答えの方が圧倒的な結果となりました。
ご意見も、「動きやすくて仕事がはかどる」(dnh_ckさん)、「肌触りがストレスになるインナーより格段に集中力が上がると思う」(kikuemaさん)というような、着心地のよさの物理的なメリットを挙げる意見に 加え、「細部に気をつかえる男性はきっと女性にも気をつかえるはず」(n0_1211さん)と、気配り面でのメリットを挙げる意見もありました。
さすが、みなさん「肌着」の重要性をよくご存知ですね。やはり現代でも、「ふんどしを締めてかかる!」という言葉が生きているのかもしれません。

着心地のよい肌着でテンションを上げて、いざ勝負!

グラフ
Q4

いい肌着を着るとテンションがアガる。

回答
回答

この「Q3」も「Q4」と同様、みなさん着心地のいい肌着の効果を感じている方がほとんどです。 ただ気になるのは、全体のわずか7.3%に過ぎないのですが「たいしてアガらない」と答えている人のうち 88.9%が男性であることです。
着心地のいい肌着の効果に懐疑的なのは、女性より男性の方が圧倒的に多いようです。このあたりに、男性の肌着がちょっとないがしろにされている風潮が見え隠れしているようですね。
しかし自分のパフォーマンスを上げるために、「勝負!」という時には、肩も、脇も、全く縫目のない ストレスフリーな「完全無縫製CUTOFF®」のような、こだわりの一着を選ぶようにしたいものですね。

成功の陰に肌着アリ!? まとめ

『着心地のいい肌着』は、パフォーマンスとテンションを上げる。
だから、ここぞ!という時は、ストレスフリーな肌着を!

おすすめの一着

YG
完全無縫製CUTOFF®
YV1315

ご購入はこちら

ベージュは、シルバー(向け)か? ベージュは、シルバー(向け)か?

当世インナー事情の「その4」で、白ワイシャツの下にはベージュの肌着と 提案しましたが、それでもベージュに対して抵抗感を持つ方は多いように 思えます。その理由は「年寄り」臭いから。でも、それって思い込みでは?

シルバー世代」の肌着色、というイメージが定着?

グラフ
Q5

ベージュの肌着って、年寄り臭いイメージがある

回答
回答

この圧倒的な「ベージュ=年寄りくさい」というイメージの定着!いやぁ、想像を上回るものでした。
思えば昔、おじいちゃん達がラクダ色の股引などの肌着でくつろいでいた光景が記憶の奥に残っており、そんなところから年寄り臭いイメージが定着してしまったのかもしれません。
皆さんのご意見にも「ありえない!」「考えられない」というコメントが多く、正直、ヘコみました…。

しかしベージュの効果を理解する人達も、増えてきている。

グラフ
Q6

ベージュの肌着って、実は
オシャレさんには当たり前のアイテムだ

回答
回答

その反面、「実はオシャレ」と思っている方は、すでに半数を超えているのもビックリです。
肯定派の主な理由は、「その4」でも説明したように、「透けにくい色だから」。
否定的に捉えた方の意見の中で「脱いだらジジババになっちゃう」というコメントがありましたが、「肌着」の目的は人に見せることにあるのではなく、あくまでワイシャツの下で、心地よく肌に触れることと、人目にふれるワイシャツの下にあって、その機能をサポートすることにあります。そう考えると、ベージュは「肌着の色」として、非常に理にかなった色味だと言えるでしょう。
さらに加えて言うなら、肌着のデザインにも注目。例えば YGの「CUTOFF®」の”Vネックスタイル” なら、シャープなイメージなので、”ジジくさい”印象も解消できます。

ベージュは、シルバー(向け)か? まとめ

ワイシャツの着こなしを第一に考えるなら、肌着の色はベージュ。
オシャレな人は、もうすっかりご存知の「常識」です!

おすすめの一着

YG CUTOFF®
YV1515

ご購入はこちら
ご購入はこちら

男の肌着、テキトー過ぎない? 男の肌着、テキトー過ぎない?

小さな頃は親から与えられ、結婚したら、妻についでに買ってもらい… よくよく考えれば、自分の肌着を自分で買っていたのは、 ほんの数年という方もいるのではないでしょうか。 毎日身に付ける一番大事な「衣料」なのに。これでいいの!?

スーパーの特売コーナーで買っていませんか、 あなたの肌着?

グラフ
Q7

家計のために犠牲になるのは、いつも亭主の肌着だ

回答
回答

多いなぁ、男の肌着が”ないがしろ”にされていると感じている人が。そう答えた人の約3割が女性なのも、なかなか笑えますな。もうちょっと、男性の肌着にも気を遣ってやってくださいな(笑)。
奥さんの買ってくるままに着ているという人もいるのでは?いやいや、決して否定するつもりはありません。あなたがそれでよいのなら。
ただし、この「YG爽研」でも解説した通り、よい肌着はよいパフォーマンスを引き出すものです。仕事もプライベートもMAXで頑張るなら、もっとご本人が肌着にこだわってほしいなぁ…と当研究所研究員は思うのであります。

取り敢えずは、「ブランド」にこだわって欲しいなぁ…

グラフ
Q8

インナーのブランドにこだわりあり?

回答
回答

「肌着にこだわる」とは、どういうことか?履き心地、機能性、素材…。 ポイントは枚挙にいとまがないものの、それを明確にしないと奥さんに「いい肌着欲しい!」と訴えても、「それで?」と返されるだけかもしれません。
Q8は、肌着のブランドについての質問。「特に決めていない」が約2/3もあります。 もったいない!ブランドというものは…例えばこの「コットン100%のYG」のように…安心の証でもあるのです。 長年にわたり研鑽を重ね、今も進化を続けている、そんなブランドこそ生涯使い続けるものと、私たちは確信しています。(キリッ!)
だから、もし奥さんに「肌着ってどこも同じでしょ?」なんていわれたら、「グンゼ YGは違う」と一言返せばいいのです。さぁ、いい肌着で、ど〜〜んと行きましょうや!

男の肌着、テキトー過ぎない? まとめ

男の肌着は、ないがしろにされている。
しかし選ぶなら、 使い続ける程に良さがわかる肌着を!

おすすめの一着

YG PURE COTTON
YV0013N

ご購入はこちら
ご購入はこちら

夏はどっち、ボクサーvsトランクス!? 夏はどっち、ボクサーvsトランクス!?

ボクサーの方が履き心地などからトランクスよりも優勢であるとの 調査報告があるが、では“夏のボトム”としては、どうか?
トランクスの挽回はあるのか?

「フィット感、履き心地はボクサーブリーフ」という声が常識に

グラフ
Q9

ボクサーブリーフVSトランクス、
あなたはどっち派?

回答
回答

「履いてみたいか?」という要望ではなく、「どちら派か?」という明確な支持をたずねたところ、ここでもボクサーブリーフ派がトランクス派を圧倒しました。
ボクサーブリーフ派の意見としては、やはり「しまりが良い」「スッキリする」「履き心地」「フィット感」など、「インナー事情その3」でまとめたのと、ほぼ同じ結果に。
一方トランクスの良さとしては、「窮屈でない」「ブラブラさせたい」「蒸れない」という、いわゆるルーズフィット感を重視する意見が見られました。
そうすると、蒸し暑い夏は、トランクスの方が有利になるかも…。

夏はTPOで使い分け…という手もある

グラフ
Q10

夏場のボトムも、ボクサーブリーフだ。

回答
回答

やはりみなさんのご意見としては「夏用のボクサー」という声が多数を占めました。 スラックスの太股周りが、汗で貼り付くのを防いでくれるYGロングボクサーなど、「ムレないから」「涼しさが良い」という意見も。
これまではトランクスの優位性とされていた項目を、ボクサーの魅力として上げる方も多く、通気性を進化させたボクサーが大きなアドバンテージを得ているように思われます。
ただ、「昼はボクサー、寝る時 はラクなトランクス」という意見もあり、TPOでかしこく使いこなす方もいるようでした。
いずれにせよ、 YGならさまざまなタイプをラインナップしています。いろいろ使って、あなたにピッタリのものを選んでください。

夏はどっち、ボクサーvsトランクス!? まとめ

夏のボトムも、通気性で進化したボクサーブリーフが優位。
しかし「寝る時はトランクスに」という
TPOで使いこなす派の存在にも注目したい。

おすすめの一着

YG CUT OFF® COOL TYPE
ロングボクサー YV1985

ご購入はこちら
ご購入はこちら